ABOUT MFLP
MFLP | Mitsui Fudosan Logistics Park

CONCEPT

MFLPについて

近年、より効率の高い物流施設のニーズが高まってきています。そんな中、三井不動産は先進的な物流施設を開発、提供し、多様化する価値観に応えてまいります。

総合ディベロッパーとして培ったグループのノウハウを結集し 付加価値の高い先進的な施設を作る。それにより効率の高い物流施設の利用者が拡大し、 日本のロジスティクス・ビジネスが更に発展する。その結果、より進化した日本の動脈である物流が、経済、社会、人々の日常をより豊かに潤いのあるものに変えていきます。

三井不動産の物流施設事業は、施設を建てて稼動すれば売却、という単一的な事業展開ではありません。

  • 総合ディベロッパーとしての能力を最大限活用し、高性能な物流施設を企画する「開発」
  • 単に投資家の皆様に売却するのみならず、自社で継続して物件を保持する「保有」
  • 物件の価値最大化に継続してかかわり続ける「マネジメント」

当社の3つのコア事業を物流施設事業においても展開し、テナントの皆様、投資家の皆様との切れ目ないリレーション構築に努めるとともに、バランスの良いロジスティクス事業の成長を実現します。

三井不動産は今後も物流事業を通じて、クライアントの、そして日本のビジネスや暮らしに貢献いたします。

クライアント (テナント 従業員) | 保有 (賃貸) | 開発 (分譲) | マネジメント

ロゴマークについて

三井不動産ロジスティクスパークのロゴは、略称「MFLP」の力強い書体と三井不動産グループロゴである「&」マークをモチーフにした柔らかい造形で構成されています。

「&」マークは、これまでの社会の中で対立的に考えられ、とらえられてきた「都市と自然」「経済と文化」「働くことと学ぶこと」といった概念。「あれかこれか(or)」の形でなく「あれもこれも(&)」の形で共生・共存させ、価値観の相克を乗り越えて新たな価値観を創出する意図で、1991年4月に制定しました。

  • テナント & MFLP
  • 従業員 & MFLP
  • 地域 & MFLP
  • 地球環境 & MFLP

「MFLP」の力強い書体は物流の「確実性」や「ダイナミズム」を表現し、ロジスティクス・ビジネスのさらなる進化に貢献する意思を表しています。

また「&」マークをモチーフにした造形は、&マークの理念である「共生・共存」「多様な価値観の連携」を物流施設事業にも取り入れ、都市の発展に寄与する意思を表しています。